Food Impression Create Collaboration

二代目の谷口です。

笑顔が素敵な稀保です。 二代目のインターン生の谷口稀保です。よろしくお願いします。

農家プロジェクトは、石川県内の農家と当社が深くつながり、そして農家と当社のお客様をつなごうというものです。

こんにちは。「未来を見つめる農家プロジェクト」の推進役を浜本さんからバトンタッチを受け、後任となりました金沢学院大学3年の谷口稀保(たにぐち きほ)です。

~ 農家プロジェクト:関係づくりの強化とレポート~

 シリーズの 7回目は、私の谷口の自己紹介です。

インターンシップ生として4月から株式会社松本にお世話になっています。

前任の浜本さんのしてきたことを振り返ると本当にすごいなと尊敬しています。先輩が立ち上げてくださったこの農家プロジェクト、しっかり継続して成功させていきますね。

私は松本に入ってから1週間ほどなのでまだヒアリングなどはしておらず、今、しているのは会社について知ることや、会社に来てくれた方への挨拶です。
それから会社で普段している業務に同行したりしています。

今はまだ初めてのことばかりで、緊張してばかりです。お客さんと話すときはうまく話すことができませんが、自分に伴う責任が大きくなった気がします。
先日人生初の名刺をいただきました。名刺すごくかっこいいですね。とてもうれしいです。
名刺をもってこれから挨拶に行くのでどうぞ受け取ってください。

■ 私の目標

これから私がすること、頑張っていくことは、
農家さんとの関係づくりの強化と、農家さんについてのレポートです。
まず、農家さんは、私たちにとってなくてはならない存在であることを再認識しました。
私たちが普段食べている作物、それは簡単にはできません。それは、浜本さんのレポートで理解が深まりました。

試食は役得ですね。

試食も大好きです。

そして、私が、松本の社員さんに同行して普段立ち入ることのできない料理屋さんの調理場に伺った時に板前さんたちのチームワークと心遣いがなければおいしい料理なんて生まれてこないということが理解できました。

さらに農家さんがおいしくて安心できる野菜を作ってくれているからこそ板前さんたちが料理を作ることに専念できると思いました。

私の農家に対するレポートで皆さんが農家さんのありがたみに気付いてもらえたらうれしいし、それが広がっていてくれればいいなと思います。
これから農家さんの現状を知るために農家さんにヒアリングをしていきます。
私はおいしい野菜をもっと世間の方々に知ってもらいたいし、世間の人も目先の値段のことばかり考えるのではなく、もっと農家さんの未来と私たちの未来について一緒に考えてくれたらいいなと思います。

どんどんヒアリングをしていきます。

笠間農園さんのご夫婦とヒアリングにて。

そして、今日よりも少しでもより良い明日を築いていく、そのお手伝いを私ができれば幸いです。
たかが学生ですが、学生にしかできないこともあると思うのです。
よろしくお願いします。

 

 

 

 

農家プロジェクト一覧

Page Top