Food Impression Create Collaboration

ブログ

YouTubeチャンネルを開設
2020年9月5日

おうちdeレストランいよいよ話題のYouTube動画に参戦

■ まずは動くことを優先しました

株式会社 松本の松本です。みなさん残暑きつい厳しいなか、お元気にお過ごしでしょうか。

さていよいよ当社では、YouTubeチャンネルを開設することにしました。ゆくゆくは本格的に始めますが、まずは動く事が最優先!と考え見切り発車を行います。
最善手を求めて、考えてばかりいては前に進もうとはしません。それで動きながら考え、トライ&エラーを繰り返しながら、失敗をしても成長させていこうと考えています。

■ 金沢美食アカデミー「おうち de レストラン」

このチャンネルを通しての目標は、レストランガイド・ミシュランで星を獲得している「調理長・シェフ達」と、農家さんや漁師さん、海女さんなど、あるいは食品工場などの「生産者」と、ごく普通の一般の「ご家庭のみなさん」とを!

この三者をつなごうと考えています。

趣旨説明

おうちdeレストランの趣旨説明

具体的には、『おうち de レストラン』 と題して、「誰でも作れる料亭の味」、「レストランの味」を目的にプロの調理のコツをたっぷりとお見せいたします。

それは家庭でできないような細かな調理を省き、家庭にある調理器具、調味料を使い、これだけをやれば誰でも美味しくなる。という動画をお届けいたします。

いまコロナのせいで料亭・ホテル・レストランなどの「高級飲食施設」は壊滅的な打撃を受けています。
当然ながらそこに納品させていただいている我々のような魚屋や八百屋などの「業者」や、そこにまた納品している「生産者のみなさん」もおなじ境遇にあえいでいます。

つまり海外からのインバウンド需要がない、国内のコンベンション(全国会議)がない、宴会がない、結婚式がない、法事がないの「ないない尽くし」です。

人が集まることができないからホテルや料亭、レストランなど5人以上の需要がないため開店休業状態です。
ですので必然的に飲食店などは生産者の皆様への発注もできず、また農家さんは特殊農産物の為に、飲食店への納品の代替えとしてスーパーにも卸せず、三者がみんな苦境に陥っています。

これはコロナが収まれば終息するものではなく、深読みすれば「未来が先倒しでやってきた」ものかもしれません。みんなが良くなる、この打開策を少しでも早く考えなくてはいけません。

■ 顧客の好みが二分化、多様化

しかしよく周りを見渡せば7月のマクドナルドの売上は前年対比105%。さらにケンタッキー・フライドチキンの売上は前年対比120%です。実はケンタッキーは、その前年も前々年度よりアップしていましたので凄まじいアップ率です。ステイホームの影響に間違いないのですが、かのようにプラスの企業もあるのです。

先日、手作り味噌を作る福井の味噌工場に再訪してきましたが、大手味噌メーカーは速醸(そくじょう)法といって2~3か月で味噌を作ります。つまり年に4回の製造が可能の低コストでの大量生産方法です。しかし殺菌をされるため酵母や乳酸菌が死滅して大切な栄養分が残らず、深い味わいが出ない欠点があります。

天然醸造の味噌作り

手間ひまのかかる天然醸造の味噌作り

それに反してこの味噌工場は、千何百年以上もはるか昔からずっと守られ仕込まれてきた味噌が美味しくなる天然醸造で一年以上をかけて製造しています。その理由は簡単明瞭です。
『そんなの簡単やが、天然で一年寝かした方が美味しいからや』です。

寒い時期に仕込んだ味噌を自然の環境の中で寝かせるもので、冬から春にかけては低温でじっくり分解が進み、さらに夏にかけて気温が上がると、徐々に発酵が進みます。
そして秋口から冬にかけてさらに熟成させることにより、1年間という時間をかけることで美味しい味噌に仕上がります。

中にはヴィヴァルディなどのクラシック音楽を聞かせ、ゆっくりと熟成させ育てる(?)味噌もあります。
それがなんと、なんと!美味しくなるのです。

美味しさ優先の味噌製造の会社です。
ですから製造量も年一回以下ですし、手間も時間もものすごくかかります。必然的に単価も高くなります。
これがすでに高い物から順番に完売状態!

外食できないストレスを発散させるために、自分で作る食事には美味しいものを使うというお客さんが増えていると推測できます。確かに巷に言われているように低価格の商品を求める方も多くいるとは思いますが、逆にその反対にいまこそ本当の美味しさを求められている方も多く存在しているのです。

■ 料理屋、当社、農家の三方よし

例えば、最初にYouTubeにアップした、ごはんのお供「ちりめん山椒」編では、実山椒を白山市鳥越の渡津(わだつ)農林会さんから当社が購入し一次加工をしました。

そしてミシュラン一つ星の「割烹 ゆづる」さんに協力してもらい、「ちりめん山椒」を作ってもらいました。

◎ 食材紹介:鳥越の実山椒、伊勢湾のちりめん(イワシの稚魚)

◎ 実山椒の作り方:ノーカットでお見せいたします。

*「お気に入り」に入れてくれれば嬉しいです。

出来上がった「ちりめん山椒」は、「割烹 ゆづる」さんから直接に購入してもらいます。

割烹・ゆづる の平井さん

割烹・ゆづる の平井さん

料理が好きで自分で作りたい人は、
伊勢湾の「太白ちりめん」、石川県の「実山椒」は当社から購入できる。いうシステムです。

まだ動画だけでランディング・ページは作っていないのですが、ここまでの一連のシステムが出来れば料理屋さんも当社も生産者の農家さんも三方よしになることを期待しています。

実山椒で渡津(わだつ)農林会さんを選んだのは、その種類がぶどう山椒であったこと、その粒が大きく香りが高かったことが選択の理由でした。

霊峰白山の山の中にある渡津農林会とインターン性の真島さん

霊峰白山の山の中にある渡津農林会とインターン性の真島さん

*YouTubeで「金沢美食アカデミー」と検索して見てください。 
「チャンネル登録」を押してくだされば最高です。   m(_ _ )m

■ 実は、みんな良し を目指します。

また次にアップする動画は、同じくミシュラン一つ星の「割烹 いけ森」さんに協力してもらいました。近江町市場の魚屋から高級魚の「マナガツオ」を購入し、焼いた後も柔らかく召し上がれるように味噌幽庵漬を作ります。

漬け込んだ「マナガツオの味噌幽庵漬」は、「いけ森」さんから直接に買ってもらいます。

マナカツオを焼いている、池森シェフ

マナカツオを焼いている、池森シェフ

そしてご家庭で焼き物にしていただきます。
また家庭で漬け込むための、「味噌幽庵漬のタレ」を購入することも可能になります。

そしてもっともっと料理が好きで自宅で料理を作りたい人は、鮮魚のマナガツオは、近江町の魚屋さんから購入してもらいます。

あしらいに使う野菜は、近江町の八百屋さんから購入してもらいます。

味噌漬けの味噌は、当社から購入していただくと考えています。

もちろんそれは「マナガツオ」でなくても「ブリ」でも「真鯛」でも「サーモン」でも「鱈」でもOKです。その作り方も一緒に動画としてアップしました。
また「炊き込みご飯」や「おこわ」の内容の番組になれば、お米や野菜を直接農家さんから購入する事も可能となります。

すべてのシーンにおいて料理屋、魚屋(漁師)、八百屋(農家)、当社、そして購入されたお客様のみんながすべて良くなるビジネスモデルを目指しています。
まずは多くの方に、このチャンネルを見ていただく事から始まります。多くのお友達に紹介していただければ嬉しいです。

■ みんなで進める金沢の未来

私たちの夢は「金沢を世界一の美食のまち」 にすることです。 
この動画を通じて 「美味しい料理を一般家庭に広げ!」

「美味しい料理の裾野を広げ!」

結びつけた「シェフ達」「生産者さん」そして「みなさん」と一緒に、
「家庭の食卓から」新しい味、新しい価値を創り出し、

金沢を世界一の美食のまちにしていきます。

そのことは、”いま” この動画をご覧になっているあなたから始まっているのです。
まだまだ未熟な動画ですが、お楽しみいただければ幸いです。

 

 

 

 

Page Top