Food Impression Create Collaboration

 
2015.01.30
岩のり採り

  岩のりは、冬の食卓に欠かせない、奥能登 ・ 母親の味です。 株式会社松本では、生産者や収穫者と直接コミュニケーションをとり、安心・安全で質の高い食材の確保を行っております。 ~ 松本社長の食材の旅 ~ シリーズの3回目は、奥能登の荒海で育った天然の味を求める物語です。  今回は奥能登、珠洲が舞台。石川県でも最北端です。岩のり収穫をお願いしているお母さんを訪ねました。 現場は冬の日本海。ザッバ~ンという荒波のイメージそのものの海岸です。 岩に砕けた波に空気が混ざり石鹸の泡のような水泡 […]

 
2015.01.25

 蓮根部会がアツイ! 蓮根畑の中心で、夢を語る 株式会社松本では、メーカー様、飲食店様の新商品開発をお手伝いさせていただいております。 ~松本社長の新商品ストーリー~ シリーズ3回目は、加賀れんこんについてです。   日本でレンコンといえば茨城産や徳島産が一大産地ですが、その品質となると加賀レンコンが飛びぬけているというのが全国の料理屋さんの評価です。 他の産地よりも澱粉質が多く粘りが強く、最初はしゃきしゃきで後はねっとりで、ハス蒸しにするのにもツナギを入れる必要がないのが特徴ですが、 […]

 
2015.01.23
まとう鯛(車鯛)昆布〆 土佐酢にて

金沢から今は8号線になっている加賀産業道路を真直ぐに目的地の「小松・つづら」さんに向かいます。 えーと、この辺で右に入ってひと山越えると・・・ あれ~右に曲がれない。中央分離帯の代わりにポールが立っていて曲がれない。 何処まで言っても車線の真ん中にポールがあってUターンできません。結局はインターまで行って金沢方面へ戻りました。 曲がるはずだった小道を左に入り、昼まだ暗いうっそうたる竹やぶの中を右左と進んでいくと、目の前が急に広がり真正面に目指す 「つづら」 さんが私たちを待っていてくれます。まる […]

 
2015.01.20

山菜のほろ苦さとアクの強さが美味しさ秘密です 株式会社松本では、生産者や収穫者と直接コミュニケーションをとり、安心・安全で質の高い食材の確保を行っております。 ~松本社長の食材の旅~ シリーズの2回目は、山菜採りの名人とともに、崖を登り沢を下る物語です。  山菜は山や野に自生しているもので、食用にする植物のことをまとめて 「山菜」 と呼びます。今回は、山菜採り名人の舞島さんと、春の山菜を探しにでかけました。 趣味で山菜採りをされている舞島さん。毎年、限られた数量ですが、季節の山菜をご提供いただい […]

 
2015.01.20

冷え込みも激しく、寒さが最も厳しくなる頃。また、二十四節気の最後の節気とです。 詳しくは Facebookページで。 https://www.facebook.com/ohmichomatumoto

 
2015.01.19
刺身をアップで

食通の間では金沢にいったら絶対にはずせない店として金沢の犀川河畔の 「雅乃」 は有名である。 ここの主人の下平 氏は、ミュシュランで星をもらっている京都・祇園の 「真舌」 さんで修行ののち金沢へ帰り、なんと26歳で「日本料理・銭屋」の調理長に抜擢されました。 そしてすぐに若手NO1といわれ12年間銭屋の板場を守りとおし、独立してからも20年以上たちますが、その技には円熟味がまし、京料理とも加賀料理ともいえない彼独特の優しい世界を作り出しています。 その顧客は金沢だけに留まらず、日本中からこの店の […]

 
2015.01.19
富有柿白和え

金沢の観光といえば、少し昔(自分の大学生くらいの頃)ならば、 「兼六園」 (日本三大名園のひとつ) ・ 「尾山神社」 (加賀藩・藩祖 前田利家を祭る) だけで、コアな人にとって 「武家屋敷群」 (武家の古い町並み) が加わるくらいで、はやばやと能登や加賀の温泉へ流れていく男性客主体の団体旅行が主でした。 いま金沢の人気観光スポットというと 「21世紀美術館」 「近江町市場」 「ひがし茶屋街」 となっています。その変化に時代による日本人の旅に対する求めているものの変化を感じますね。 ハイシーズンと […]

 
2015.01.19
焼物 : あなご白焼き

水辺のせせらぎの音や波の音、静かな雨音など、水の音を聞くと心が癒されると経験されている方は多いでしょう。 常に心地よいせせらぎの音が常に聞こえる通り 「せせらぎ通り」 その中でも香林坊109を始点とすれば、終点の貴船明神のすぐそばは、繁華街の喧騒も薄れ、木漏れ日の中に時間が止まっています。 空気中にはマイナスイオンが満ち、そよ風やせせらぎの中には心地よい「1/fゆらぎ」がみられます。私たちの心を癒してくれるのを実感できる恵まれた場所に新築されたその館はあります。 その非日常の世界へといざなう立地 […]

 
2015.01.16
能登牛の治部煮

金沢には料亭旅館 「浅田屋」 さんなど6店を経営している浅田屋で修行をして自分の店を開いたオーナーシェフの小粋な店が多くあります。おそらく金沢の料理店の主人や調理長のや修行先別のデーターを取れば一番多いのではないでしょうか。 日本屈指の和食どころ金沢には創業百年を超える料理屋が数多くありますが、一般的に一番創業しやすく一番廃業しゃすい飲食店の中で、ある一定の割合を常にキープしているのには、やはり秘密があるのではないでしょうか。 もちろん前述の料理屋の中には全国から二代目、三代目の後継者を修行に受 […]

 
2015.01.15

  能登の海女さんとのホットライン 株式会社松本では、メーカー様、飲食店様の新商品開発をお手伝いさせていただいております。 ~ 松本社長の新商品開発ストーリー ~ シリーズ2回目は、「能登の海女さんを訪ねて」です。  懇意にさせていただいている能登・輪島の海女さんがいます。その人のところを訪ねました。 輪島の海女漁の始まりは古く、350年以上もの歴史があるといわれ、海女の数も日本一を誇ります。最近ネットの世界では18才の美しすぎる海女ちゃんが話題に上ったりしています。 輪島の北の沖合い […]

 
2015.01.10

五郎島金時の スイートポテト 株式会社松本では、メーカー様、飲食店様の新商品開発をお手伝いさせていただいております。 ~ 松本社長の新商品開発ストーリー ~ シリーズ1回目は、「 有限会社 かわに 」 様との開発物語です。  「 かわに 」 さんは、金沢市粟崎町を拠点にされている農業法人で加賀野菜のひとつの五郎島金時イモの生産をされていらっしゃいます。金沢の方なら  「かわに」  と聞けば 「 ああ、あのサツマイモの」  とピンとくる方も多くいるかもしれません。なにせ石川県の農家の中でそのキャラ […]

 
2015.01.05

能登の 海の幸の実力を日本中の人に知って欲しい 株式会社松本では、生産者や収穫者と直接コミュニケーションをとり、安心・安全で質の高い食材の確保を行っております。 ~ 松本社長の食材の旅 ~ シリーズの1回目は、能登島の若き漁師の物語です。  能登は食材の宝庫。能登半島の海には外浦と七尾湾の内浦があります。荒々しい外浦と、穏やかな内浦。能登島はその内浦にあります。七尾湾、富山湾が主な漁場。対馬暖流と能登半島が作る最高の漁場、天然の生簀と言われています。ここにいま注目の漁師を訪ねます。 ■ 能登島か […]

Page Top