「読売新聞」2006年 4月7日号

トップランナーとしておいしい店が、「家庭で料亭・ネット通じ提供」、と取り上げられました。読売新聞に掲載されました

20060407-1

トップランナー
読売新聞
2006年春号から抜粋
20060407-2「家庭で料亭」ネット通じ提供

トップランナー (抜粋より)

食品卸売り専門だった近江町市場の店舗内に一般顧客も利用できるよう小売スペースを設け、3月から新装オープンした。
2000念から始めたネット販売が好調で、購入してくれたお客様が観光で金沢を訪れた際、来店する機会が多くなった。・・・・・・(中略)
小売向けには加賀野菜を使った菓子や珍味など約1000点を陳列している。

20060407-3ネット販売では「家庭でも料亭気分」を売り文句にした食材の質の高さが雑誌でも取り上げられるなど好評だ。
本業は料亭や旅館への高級食材の卸売り。値段は高めだがそれ以上の勝がある食材を提供しているという強い自負がある。ネット販売は包装に気を使うなど手間もかかるが、生鮮食品や加賀野菜など県内の特産品をはじめ良い食材を扱っていることを多くの人にアピールすることができ、卸し先の料亭や旅館の利用客増にもつながっる。・・・・・・・(中略)

最近は、良い食材を見極めるプロが少なくなった、という声も聞こえる。
・・・・・・・・(中略)・・・・・・・
現代は食材に限らず、いろいろなものがあふれている。生産者と卸し先、ネットショップの利用客を結びつけ、質の高い食文化を守ることに貢献したい

「HAWAYU」2006年 4月号

東急カードの優良顧客がターゲットの雑誌HAWAYU にホタルイカ一夜干が紹介されました。
東急百貨店や東急ホテルのTOP&カード、TOP&インターナショナルカードの顧客様専属雑誌

20060401-1

HAWAYU に 「ほたるいか」 が紹介されました

HAWAYUに掲載されました
2006年春号から抜粋

20060401-2おいしい! お取り寄せ

金沢・ほたるいか一夜干 (抜粋より)

猫柳の花穂の咲く春まだ浅い3月もはじめから、富山湾にその姿を現すホタルイカ。
・・・・・・中略・・・・・・・・・
江戸時代かが百万石の城下町として栄えた金沢は、その独特の風土が育んだ食の宝庫である。中でも金沢の台所と言われる近江町市場で、名だたる老舗料亭に最高の食材を提供し続20060401-3けた店が、金沢の味覚や珍味に定評のあるショッピングサイト、おいしい店ドットコムの母体「松本」。「ホタルイカのおいしさは、食べると口中に広がる、まつたりとした味噌。うまい具合に風干しをするとさらに風味が豊になるんです」と、店主の松本さん。ほんの2~3秒、サッと七輪であぶって食べるのがツウ。
春の宵、季節の味に舌鼓を打ってみてはいかがだろう。

★ ホタルイカは日本周辺にのみ生息する、日本を代表する味覚。体長わずか7~8cm。3月から5月にかけて富山湾沖の水深200~500mの深海から産卵のために群れをなして海岸までやってくる。

20060401-4