「Hanako ハナコ」2005年 12月号

おいしく食べてHappyに!
これが自慢の「お取り寄せ」150
これが自慢のお取り寄せ

20051201

Hanako

20051201-2

マガジンハウス

ハナコ誌上で、これが自慢のお取り寄せに選ばれました
おいしく食べてみんなHappy!2005年12月7日号
ベスト150に選ばれました。
抜粋をお送りいたします。
お酒にもご飯にも合う、『瓶もの』が大好き!
ある日、プルル~、プルル~ (電話の受信音です) プルル~、プルル~
はい、松本です。 (これは、私。 by:店長)

ベスト8のうち2つがおいしい店から選ばれる快挙

「マガジンハウスのHanako というのですが、おいしい店ドットコムさんですか?」

はい、そうです。

「実は、このたび当雑誌でも美味しいお取寄せの特集を企画いたしまして、全国から美味しいものを実際にお取り寄せいたしまして、試食、審査、検討の結果、御社の商品を 「瓶もの・珍味」 の部門で選ばせていただきました。」

ああ、そうですか。 Hanako ってあのハナコですか。(事態がよく理解していない)

「はい、そのハナコです。(笑) で、雑誌に載せても宜しいでしょうか?不都合はございませんか?」
「せんなの青い色合いも、生口子も最高ですネ」

はい、ありがとうございます。 (o*。_。)oペコッ

瓶もの・珍味のベスト8のなかに2つも選ばれました。

めったにお目にかからない珍味から手の込んだ逸品まで、
見逃せないのが、「瓶もの」。
酒の肴にしたり、ご飯に載せたりはもはや定番ですが、
一品料理としても立派に活躍いたします。

選ばれたのは、

ワサビの若芽を詰め込んだ 「せんな」

ナマコの卵巣の塩辛 「生口子」

20051201-3天然のワサビのツ~ンとくる辛味がたまらない!「せんな」

20051201-4貴重な素材が詰まった知る人ぞ知る一瓶「生口子」

20051201-5岡山県の中国山地に自生する天然ワサビの若芽が瓶の中にぎっしり。甘酢に漬けられたもの。
水分は少なく、葉ワサビ本来の味が楽しめる。また、「せんな」といえば、一般的には醤油漬けが多いが、これは醤油不使用。
葉ワサビの青く美しい色みがそのまま残っている。
とろろやもずく酢と混ぜても◎

 

 

 

20051201-6極寒の時期に産卵を迎えたナマコの発達した卵巣を海水で洗い、塩辛にしたものが<生口子>。
生口子特有の生臭さは皆無で、こってりとした食感ながらも控えめな甘さが残る。
甘エビやイカの刺身などと混ぜ合わせると、よりおいしい。茶碗蒸しの要領で器に入れて蒸すのも、おすすめの食べ方。