Monthly Archives: 7月 2004

「金澤KANAZAWA」2004年 「7-8月号」プロの、私の行きつけふだんづかいで取材

大人のためのハイクォリティーマガジン「金澤KANAZAWA」 の取材を受けました。

20040720-1

2004年7-8月号
「私の行きつけ、ふだんつかい」 の中で紹介されました。

20040720-2金澤KANAZAWAは、古都「金沢」の真髄を紹介する、大人のための正統派情報誌です。

抜粋をご紹介いたします。

私の行きつけ、ふだんつかい

幾度訪れても客を飽きさせない料理と、主人の心映えの美しさが感じられる サービス、そしてなによりも気負わずに行ける気軽さがある。そんな魅力が 詰まった店には、毎日でも通いたくなるものです。金沢に精通した方々に、 行きつけの料理店とその魅力について教えていただきました。

20040720-3お客様に喜んでもらおうとする主人の真心が伝わってきます。

「料理の一品一品には、作り手の思い入れと人格が表れています。」そう語るのは、市民の台所、近江町市場で、料亭や割烹などに向け、珍味などの食材卸を手がける松本信之さん。
プロの舌を納得させるためには、プロ以上の厳しい目利きに努めることが必要だという。そんな松本さんの眼鏡に適う一軒が、富来の割烹 『満升』 である。・・・(中略)

金沢の7-8月号の表紙です。

能登の漁港の前の店を紹介

「何も言わずともその日一番の美味を出してくれる。それが行きつけの良さです」。旧知の間柄だからこその気負わない雰囲気に、松本さんの心は満々和んでいく。

「おとりよせ BOOK 決定版」2004年 7-8月号」超強力・うれしい。簡単。

超強力・うれしい。簡単。おいしい。日本中から本物だけを集めました。

20040701-1

おとりよせBOOK 決定版

昭文社ムック

心の底からほれ込んだものばかりおとりよせBOOKにおいしい店が選ばれました。
日本中から本物だけを集めました。
2004年12月発刊

日本版スローフードを味わおう!

素材や風土から食を見直し、良質で安全性の高い食品作りを目指す生産者に、今、熱い注目が集まっています。   ・・・・・・・(中略)・・・・・・・・
私達は作り手が思いを込め、手間ひまをかけて生み出す「本当のおいしいもの」について、現代の消費者の食品に対する目線を加味しながら編集部内の意見を集約して一冊の本にまとめました。

おとりよせ決定版 日本の食の豊かさや食がもたらす 幸せを改めて実感してください。おいしいもの探しは、こうして極める

おいしい店が選ばれました。

金沢の台所・近江町に軒を連ねる店の主人と金沢の料亭、生産者のコラボレーションで生まれたサイト。

“金沢の料亭が自信を持って調理できる食材” だけを扱う。webマスターの「のぶちゃん」が繰り広げる内容は、美食の街・金沢を知る上でも貴重。

料亭の予約方法、作法も網羅する。この店の珍味「干口子」はあのケンタロウ氏も絶賛の代物。
おいしい店がおとりよせに選ばれました

★ 雑誌・ブルータスでもグランプリをいただきました。